ピザ生地を伸ばしてみよう!!

ピザの作り方 その1 “生地作り”編の続きです。

ピザ生地の伸ばし方は、はじめのうちは難しく感じるかもしれませんが、慣れてしまえば思いの外簡単なものです。

個人的な経験則ですが、生地伸ばしが難しいと感じる原因の大半は生地の出来です。生地が柔らかく弾力のあるもの、つまり伸びやすく破れにくく仕上がっていれば、かなり簡単にできます。

もちろん綿棒で伸ばしていくのもありかとは思うのですが、せっかく発酵がうまくいって空気を含んだ生地を潰してしまってはもったいないです。一度試してみてください。

“ピザ生地伸ばし”に必要な物

ピザ生地伸ばしに必要なものはほとんどありません。用意するのものは以下のものだけ。

 ・一晩置いておいたピザ生地
 ・クッキングペーパー(パン捏ねシートなど)
 ・打ち粉用小麦粉

生地を伸ばすということは、もちろんすぐに焼くわけですから、そちらの準備もしておきましょう。

 ・ピザソース
>>簡単自家製ピザソースの作り方はこちら
 ・好みの具材
 ・チーズ
 ・オリーブオイル

生地を伸ばしているうちに、オーブンの余熱も済ましておきましょう。

ちなみにこちらがピザの作り方 その1 “生地作り”編の要領で仕込んで、一晩発酵させた生地です。

しっかりとこねて、十分に寝かせた生地はとても柔らかく、同時に弾力ももったものに仕上がります。

では、伸ばしていきましょうか。


“ピザ生地”の伸ばし方!

手順1. オーブン用鉄板に油を敷き、生地をのせたら軽く打ち粉をして、両手の指の腹で真ん中から外へと生地を広げていきます。

ここで大切なのは、生地全体を均一な厚さにすることと、せっかく生地に含まれた空気を逃さないことです。指先で強く押し付けたり、生地の端の端まで潰してしまわないようにします。

表が一通りできれば、裏返して同様に広げていきます。だいたいもとの2~3倍くらいの大きさに広がります。下右写真がだいたい均一の厚さに広がった完成品です(少し左端に気泡が溜まっていますが)。

手順2. 次の手順は、生地を伸ばしです。生地の左半分を左手で押さえ、右手で生地を伸ばします。今回は撮影の都合上、片手ずつの写真しかありませんが…。

手順3. 伸ばした生地を左手に折り返します。その際左手首のスナップを利かせ、時計回りに45度ほどずらして生地を戻します。

手順4. 一方向分伸ばし、かつ45度回転させた生地を、再び手順2.3の要領で伸ばします。これを360度分行えば完成です。どの方向にもなるべく同じだけの力で引っ張れば、より綺麗な円形に仕上がります。

手順5. ピザソースをかけ、好みのトッピングをかけたら、表面にオリーブオイルを少量かけます。余熱をした200度のオーブンで15~20分焼けば自家製ピザの出来上がりです。

 

自家製ピザ、以外と簡単でしょう。お店と違って火力の問題などありますが、自家製は自家製でお店では味わえないような趣があります笑

それにトッピングも自分の好きなようにできてしまうのも魅力の一つですね。ぜひお試しあれ!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です